タスクかんばん

初めてブログ投稿します!

新郎のshotaです。たまーに投稿しますので、これからお見知りおきを!
僕の投稿では、主に、結婚式の計画の過程における工夫や、FTWの金額的な面をお話します
固めの投稿になる気がしますが、よろしくお願いしますーーー!

さて、今日はタスクかんばんについて紹介します。

タスクかんばん(単にかんばんということが多い)は、ソフトウェア開発で取り入れらている技法なのです。

昨今のソフトウェアというのは規模が大きくなる傾向があります。
1つのプロダクトを多くの人とチームを組んで作り上げるのですが、必ずと言っていいほど問題が出てきます。
その中の問題でも、あるあるな問題がこれです。

チーム全体として、あとどれくらいの仕事が残っているのか不明瞭

大きなものをたくさんの人で作っていく過程で、仕事を終わらせても終わらせても終わりが見えないことがあります。
いつまで続くのか不安になってくるので、モチベーションの低下につながってしまいます。

これを改善するために有効なのが、タスクかんばんです。
付箋とペンを用意して、仕事内容を付箋に書いていきます。
それをホワイトボードなどの、付箋の貼れる場所に貼っていって
その付箋の仕事が全部終われば、全員の仕事の終了=プロダクトの完成です。

大切なのは、全員が残りの仕事量を把握できることです。

今回、結婚式に向けた準備をしていく過程で、やるべきことが山ほどでてきました。
やることが多いと忘れるだろうし、やることで残っているものは何かを可視化する必要がでてきたので、タスクかんばんを導入しました。

ホワイトボードにラインを引いて、3つのカテゴリを設けました

  • Todo … 結婚式までにやらないといけないこと
  • Doing … やっていること(決定中の項目など)
  • Done … やったこと

これで一目瞭然です。
どんな種類のやることがあるか、どれだけのやることがあるのか、どれだけ終わったのか、
このかんばんだけでわかることがたくさんです!

(やるべきことが多い…!)

終わったら付箋を右へ、右へ移動させていきます。
地味にこの移動も楽しいです。達成感があります。

ここではTodo,Doing,Doneという3つのカテゴリで運用していますが、
もちろん、作る人によってはカテゴリの増減や、優先というキーワードを付けるなどのカスタマイズが可能です。

これを参考に、するべきことの共有、見えるかをしてみてはどうでしょうか??

You May Also Like

Leave a Reply